汗かきを改善するには

汗かきの内でも、トップクラスで困るのは「顔の汗かき」だと思います。清潔感が消えますし、化粧崩れは起きます。

 

別の場所の汗かきであれば、汗パッドや服によって目立たなくできますが、顔の汗かきだけはどうしようもありません。

 

汗かきを改善する、有名で手軽な手段として、

・食習慣を改善する
・運動して身体中から発汗できるようにする
・ミョウバン水を使う
・保冷剤を首の後部に当てる
・手のツボ押しをする

などがあります。確かに、どれもある程度の効果はあるでしょう。ですが、すぐ改善されるわけではありませんし、職場ではできないものも多いです。

 

特に、女性はメイクをしてますから顔に塗布するような方法は使えない、など現実味のない方法が多いです。

 

 

女性芸能人が行っている改善策(服を重ね着する時に役立ちます)

女性芸能人はテレビ番組に出演しており、はっきり言って「顔で決まる」人達なので、この方法で顔汗や頭汗を止める事が可能です。

 

それは「サラシを巻く」という方法です。

 

胸のラインに、ぐるぐるとタイトに巻いていきます。これは舞妓さんなども行っている改善策です。舞妓さん達は夏場でも発汗せず、化粧崩れも起きていませんよね。

 

ただ、この方法も、慣れるまでは圧力があってなかなか辛いですし、ジメジメする恐れもあります。

 

それに、夏場は薄着でしょうから、胸の辺りだけ厚みが目立って少し妙に思われてしまうかもしれません。

 

ですが、気軽に行えますし、とりあえずその場をごまかすにはかなり役立ちます。

 

 

汗かきを止める現実的な2つの方法

体の内側から改善

顔汗や頭汗で困っている方の多くは、体の発汗機能が衰えており汗の分散ができず、顔や頭など局所的な部位に集中し、汗が出てしまっています。

 

つまり、体の代謝を促進し、自然な形で出るべき時に体全身に分散し発汗できれば、顔汗や頭汗が極端に出ることはなくなります。

 

代謝の促進と汗の分散化をサポートするには汗かき用サプリメントが有効です。ベトベト汗を改善し、消臭成分も配合されているので、汗の匂いを防ぎ汗質も向上します。

【汗かき改善サプリメント 3つの特徴】
1.野菜成分が中心で健康的
2.消臭成分により匂いケア
3.美容成分配合で美白効果

 

体の外側から改善

「メイク崩れが起きない」、「テカりをブロック」など宣伝しているファンデもありますが、ちょっと発汗量が増えてしまえば、それでは防止できません。

 

顔の汗かきをピタリと止める効果的な手段は、顔の汗かき用の制汗クリームです。

 

手の汗かきや脇の下用の制汗剤は多くありましたが、近年、顔用の制汗剤が市販化されています。

 

 

顔汗や頭汗で困っている人のために開発されたアイテムですから、メイクとの併用ももちろんOKです。

 

メイク崩れを防ぐ作用もすぐれているので、多くの女性に支持されています。

【顔用制汗クリーム 3つの特徴】
1、顔からの発汗がピタリと止まる
2、メイク崩れを防ぐのに役立ち、メイクの前でも後でも利用可能
3、継続使用する内に、顔汗の量自体が減少していく

 

上述した「体の内側」と「体の外側」から汗かきを改善するための商品が市販化されています。

 

専門誌や総合口コミサイトの情報をもとに、効果があり人気の商品をランキング形式でご紹介します。

 

汗かきを改善|人気おすすめ商品ランキング

<<体の内側から改善>>

アセッパー

アセッパーは、斬新な発想で汗かきを改善してくれるサプリです。

 

1日1度、数粒服用するだけで、多すぎる発汗量や臭いなどを徐々に改善していく事ができます。

 

食品に分類されますから、添加物はほとんど入っておらず、有用成分がギュッと詰まっています。これが汗かきの要因となっている代謝の乱れを改善させて、循環を安定させて老廃物を外に出しやすくします。

 

色々な自然成分から採った有用成分抽出液とポリフェノールの力で、汗かきを身体の内部から改善。ユーザー満足率も9割以上であり、効き目が望めそうです。

 

身体中の汗に効きますから、汗かきを改善するための土台になってくれるサプリだと思います。

 

 

価格 容量 評価
定期 4,800円 90粒(約1ヵ月分) 汗かき,改善

あせしらず

あせしらずは汗かきを改善する効果のあるサプリであり、脇汗、顔汗、手汗等を身体の内部からブロックしてくれます。

 

汗かき対策の肌ケアアイテムを作り上げたプロ達が、内部からの汗かきの改善に本気で挑んだアイテムとして好評を博しています。

 

汗かきの要因になる事が多い、緊張やストレス、そしてホルモンバランスの崩れや熱のこもりに有用成分が働きかけ、発汗量の少ない体質に近づけていってくれます。

 

多くの現代人の生活習慣の中には汗かきになりやすい要素が色々と潜んでいますが、生活習慣自体を改善するのは困難なので、このサプリはかなり役立つと思います。

 

日々継続して服用するだけ体質が改善されていくので、制汗スプレー等では実現できない、根源的な改善を行いたい人に向いているサプリだと思います。

 

 

価格 容量 評価
定期 3,900円 150粒(約1ヵ月分) 汗かき,改善

 

 

 

<<体の外側から改善>>

サラフェ

汗かきの厄介さを改善できたら……そんな願いを叶えるのが制汗ジェルのサラフェ(Salafe)です。

 

肌に塗布するだけで汗を抑えられる商品であり、第三者機関が実施した調査でも9割以上の方が汗かきの改善を実感したそうです。

 

発汗をブロックするだけでなく、女性ホルモンの崩れも改善して、内部から汗かきの要因を解消して、汗だけに留まらずテカりもしっかりと改善してくれます。

 

色々なこだわりの詰まった商品なので、顔の汗など、目立ちやすい場所の汗に対しても使用できます。厳格な基準での品質保全が行われている日本の工場で製造されており、着色料や合成香料なども入っていないので、安全度も高いです。

 

薬用サラフェは汗かきが原因で困っている人達に人気の商品です。

 

 

価格 容量 評価
定期 5,480円 30g(約1ヵ月分) 汗かき,改善

デオヴィサージュ

「デオヴィサージュ」は毛穴を締める事で、嫌な顔汗を止める事が可能であり、顔汗から発せられる臭いの要因となる雑菌も確実に退治してくれます。

 

美肌効果と保湿効果によって皮膚のコンディションも整えてくれるので、顔汗を止めるだけでなく、トータルで美肌を作り上げていく事が可能です。

 

また、爽快なミントの匂いがするので、使った後は気持ちがスッキリします。ベタベタ感のある顔汗を止める事で、身も心もスッキリする事が可能です。

 

水への抵抗力も高く効き目も長持ちするので、余計なケアは不要です。

 

 

価格 容量 評価
定期初回 3,980円 30g(約1ヵ月分)l 汗かき,改善

ファリネ

ファリネというパウダーには、汗かきを改善する作用があります。ちなみに、平成28年のモンドセレクションでは銀賞を取得しています。

 

汗の内の大半はエクリン汗腺と呼ばれる汗腺から生じています。この汗をキャッチして、臭いもキャッチする特別な成分を含んだパウダーですから、臭いも汗も両方改善する事が可能です。

 

また、粒子のサイズが極めて小さいので、汗腺に満遍なく働きかけてくれます。

 

そして、皮膚への刺激とベタベタ感がほとんどなく、即座にサラサラになるという点でも人気です。使用方法もシンプルなので、少し汗をかきそうな場面の前でもパパッと対策をしておく事が可能です。

 

季節を問わず、汗かきで困っている方に向いている商品です。
 

価格 容量 評価
定期初回 2,667円 6g(約1ヵ月分)l 汗かき,改善

 

 

顔汗を止めるための7つの対策

ここでは、顔の汗かきを改善していく手段をお伝えしていきます。

 

改善策1:制汗グッズ

制汗グッズを使って汗かきを改善していくという手段です。制汗グッズには、汗腺を閉塞させて汗を外に逃がさないようにする効果があります。また、粒子が出てきた汗をキャッチするタイプのものもあります。

 

汗をブロックする以外にも、臭いを軽減したり、冷却したりする効果のあるものも多々あり、汗トラブルを即座に解決できるものが目立ちます。ただし、使い過ぎれば皮膚に負担を掛ける事になりますし、体温調整がされにくくなる恐れもあります。使い過ぎないようにして、顔に対しては顔専用のグッズを用いるようにしましょう。

 

改善策2:ツボ押し

顔汗を止めたり改善したりする効果のあるツボは、掌に存在するので、気になったときに場所を選ばず押す事ができます。

 

手をきちんと握り締めた折に、小指の付け根の部分の肉がややはみ出すと思います。その近くに「後谿(ごけい)」というツボが存在しており、顔汗を改善してくれます。押すリズムとしては「数秒間徐々におして、1〜2秒程度離す」というのが最適です。これを数度繰り返しましょう。

 

改善策3:圧迫法

人間の身体は、どこかを圧迫するとその反対側の部分から汗が出にくくなるという性質があります。この仕組みの事を「皮膚性半側発汗現象」と呼び、具体的には刺激を交感神経に与える事により顔汗をブロックします。実際、歌舞伎役者さんや舞妓さん達が実践しているそうです。そして、両方の脇の下の圧迫を行う事により、短い間ですが顔汗をブロックする事が可能です。

 

ちなみに、舞妓さんの場合は脇の下からサラシを巻く事で、脇の下を継続的に圧迫して顔汗を止めているそうです。

 

改善策4:足や手を温める

足や手を温める事により、汗が出る場所を分散させるという手段です。「顔に集中していた汗が足や手にも拡がる」というイメージです。顔汗を完全に止める事は難しいですが、ある程度の改善は可能です。

 

ちなみに、手足に限定された話ではありませんが、手足を温めるのが一番楽だと思います。

 

改善策5:首元を冷却する

改善策4の応用とも言える方法であり、頭部や顔への血流を悪化させ、発汗をブロックして、別の場所から発汗させるという手段です。

 

冷たいペットボトルを首元に当てたり、ストール等で覆って保冷剤を当てたり、仕事の休憩時間などに冷却剤をスプレーするなどすると顔汗が軽減されます。

 

改善策6:有酸素運動

有酸素運動をする習慣を付ける事で、顔の汗かきを改善する事が可能です。

 

運動が足りないと身体中の汗腺が徐々に衰えていき、発汗が顔に集中するようになってしまいます。ですから、運動により日頃から発汗するようにして、汗腺を鍛えるようにしましょう。そうする事で、顔の汗かきを改善していく事ができます。

 

適度な有酸素運動(ジョギング、ウォーキングなど)には、ストレスを発散したり、自律神経の調和をキープしたりする効果もあります。また発汗量だけでなく、臭いやベタベタ感も改善されると言われています。

 

改善策7:リラックスする

交感神経が優勢になり過ぎると、精神性発汗が生じます。
ですから、副交感神経が優勢になるような行動をしてリラックスする事が重要です。息を吐き出す折に副交感神経に刺激を及ぼす事が可能なので、深呼吸によりリラックスする事ができます。意図的に自律神経にアプローチする事が可能なので、積極的に行うと良いと思います。

 

その他、日頃から生活習慣を安定させたり、リラックスが可能な環境にしていったりするようにして、心も身体も落ち着けるような日々を過ごすようにしましょう。そうする事で、徐々に顔の汗かきが改善されていくはずです。

 

⇒【汗かき対策お役立ち情報】一覧に戻る

 

顔汗を止める運動とは

運動が足りていない事が、顔の汗かきを招く場合があります。

 

なぜ運動が足りないと顔が汗かきになるのか

運動などが足りずに、発汗する機会が減ると顔の汗かきを招く事になります。通常ならば、体温調整のためには身体中の汗腺から発汗する必要があるのですが、顔以外の汗腺からはなかなか発汗しないせいで、顔から発汗せざるを得なくなるのです。

 

顔以外の汗腺から汗が出にくい理由は、発汗能力が衰えてしまっているからです。運動不足であったり、クーラーに聞いた部屋の中にいる時間が長かったりすると、日頃の生活の中で発汗するチャンスはほとんどないはずです。すると、心臓からの距離が長い場所の汗腺の機能が衰えて、ほとんど働かなくなってしまいます。

 

動かなくなってしまった汗腺は、体温調整をすべき時に動いてくれなかったり、少しの刺激で大量に発汗したりと厄介な反応を示すようになります。ですから、運動などで常日頃発汗させるようにして、発汗能力を改善したり、キープしたりする必要があるのです。

 

顔の汗かきを軽減する運動

顔の汗かきを軽減する運動にはどんなものがあるのでしょうか。

 

どんな運動でも構いませんが、とにかく「発汗する運動」を行うのが重要です。発汗しにくい運動では、この場合はほぼ意味がありません。そして、上記の理由から「顔でない場所から発汗させる」事が大切です。具体的には、ウォーキングなどが良いと思います。続けている内に発汗するはずです。そして、顔の汗かきで困っている方の場合は、最初の内は顔からどんどん発汗してくる事でしょう。

 

しかし顔から発汗し続ける事により、顔の辺りの体温がダウンし、その内ほぼストップします。そして、ここからが大事です。顔の汗を軽く拭いて冷え対策を行ったら、そのまま継続してウォーキングをしましょう。インターバルを置き過ぎると、身体の熱が逃げてしまうので、可能な限りウォーキングをしたまま汗を拭くなどするようにしましょう。

 

そして、身体中の代謝が上昇してくると、徐々に身体中から汗が出るようになります。ですが、頭部や顔は既に冷えており汗腺も疲労していますから、あまり発汗しないはずです。このような運動を日々行っていけば、徐々に顔の汗かきが改善されていくはずです。

 

さらに、始めから首や脇の辺りを冷却したり圧迫したりする事で、頭部への血行をあえて悪くして代謝をダウンさせ、下半身に発汗を集中させるという手段も存在します。

 

しかし、有効な顔の汗かきの改善策ではあるものの、圧迫しながら身体を動かす事になるので、体力不足の場合は酸欠になったりめまいに襲われたりする恐れがあるので気を付けましょう。ですが、運動の習慣が付いたのであれば試してみても良いかもしれませんね。

 

⇒【汗かき対策お役立ち情報】一覧に戻る

 

さらしを巻くと顔汗が止まる理由は?

さらしを巻くと顔の汗かきを改善する事ができると言われています。

 

舞妓さんから学ぶ

舞妓さんはご存知の通り白くて濃い化粧をしています。そして、夏であろうが長時間動き回っている事が多いです。また、着物を身に付けているわけですから、当然暑いはずです。となると、舞妓さん達には「顔の汗かきによって化粧が崩れないための工夫」が必要になってくるわけですが、実際にちゃんと対策を取っています。

 

近年では顔専門の制汗グッズを使う場合もあるそうですが、それよりも伝統的な手段である「さらし」に注目すべきです。胸や脇の辺りにさらしで強めに圧力を加えたり、帯の高さを高くしたりすることで、顔の汗かきを改善どころか、ほとんどストップさせる事ができるそうです。

 

なぜさらしで顔汗を改善できるのか?

人間の身体には「半側発汗」や「皮膚圧反射」という性質があります。そして、さらしを巻く事によりその性質を活用しているのです。

 

まず「身体の一部分から汗が出にくくなっている場合は、それ以外の場所からその場所の分の汗も出す」という性質を指して皮膚圧反射と呼びます。そして「どこかを圧迫する事でその場所からの汗がブロックされ、その反対側での発汗量が増加する現象」を指して半側発汗と言います。これらの性質を活かせば、いつでも体温調整をする事が可能なのです。

 

ですから、舞妓さん達はさらしで圧迫する事により、発汗する位置を顔ではなく他の場所に移しているという事ですね。胸や脇の辺りに圧力を加えれば、それより上の部分への血行が悪くなるので、上半身の体温がダウンし、発汗しにくくなります。

 

ただし、半側発汗や皮膚圧反射により、下半身は一時的に汗かきになるはずです。

 

⇒【汗かき対策お役立ち情報】一覧に戻る

 

顔汗の要因とメカニズム

汗が身体中と言うよりは、顔ばかりから流れてくる事があります。その原因はなんなのでしょうか。

 

顔汗の性質と仕組み

まずは、顔汗の性質と流れてくる仕組みについて解説します。

 

まず、汗の一番重要な機能は体温調整にあります。気温や運動によって体温が上昇すると、身体は身体の中の水分を汗として出し、その際の気化熱によって体温を低下させるのです。この際の汗の大半は「エクリン汗腺」から出ています。この汗腺から出る汗は、臭いも色もなくサラサラしています。

 

しかし、これが顔汗となるとベタベタ感を覚える事もあると思います。顔汗の場合にベタベタ感を覚えるのは、汗のミネラル分が豊富だからです。本来体温調整を目的としている発汗の場合は、汗をかく際にミネラルが再吸収されるのですが、顔汗の場合は再吸収されにくいので、臭いがきつかったりベタベタ感があったりする事が多々あるのです。

 

そして、なぜ再吸収されにくいかと言うと、汗をかく速度が速いからです。顔汗はダラダラを勢いよく出る人が多いでしょうが、このように短い時間でたくさん汗をかくと、ミネラルの吸収が間に合わないのです。そして、顔汗の要因は気温だけではないので、普通のリズムでの汗をかく場合とはもちろん異なってきます。

 

汗かきの方の場合は、このような顔汗で困った経験がある方もいると思います。

 

顔汗の要因

では、顔汗が出る要因を考えていきましょう。

 

精神性発汗

まず、ストレスや緊張が要因となって顔汗が出る事があります。俗に言う冷や汗であり、汗かきの人でなくても、かいた事がある人がたくさんいるはずです。

 

このような発汗を指して「精神性発汗」と呼び、ストレスや緊張が原因で、自律神経の内の交感神経に異変が生じ、刺激が汗腺に及ぶ事で発生します。ですから、温度と無関係にたくさんの汗をかくのです。特に頭や顔には汗腺が集中しているので、影響を受けやすいのです。

 

運動が足りていない

運動を行うと発汗が起きてしまいますが、運動不足だと発汗する機能が弱体化してしまいます。ですから、汗をかく事に関しておかしくなってしまう場合があります。

 

先ほど述べた通り、発汗は体温調整のために起きている部分が大きいですが、日常の中で発汗する事がなかなかなく、発汗する機能が弱体化していると、心臓からの距離が長く冷たくなりやすい足や手の汗腺がどんどん衰えていってしまいます。

 

そして、そうなると体温調整のために足や手以外の場所から発汗するようになります。そのため、汗腺が集中している脇の下、顔、頭から大量の汗をかくようになるのです。

 

適度に運動をして、バランスの悪い発汗と、汗かきを改善していくようにしましょう。

 

辛い食べ物や熱い食べ物の影響

辛い食べ物には汗腺を刺激して発汗を促す作用があります。そして、熱い食べ物にも体温をアップさせて発汗を促進する作用があります。この際も体温調整を目的に発汗しているわけですが、汗腺をダイレクトに刺激してしまっているので、汗腺が集中している場所、つまり顔や頭からたくさん汗をかく事になります。

 

汗かきで悩んでいる人は、辛かったり熱かったりする食べ物を食べ過ぎないようにすれば汗かきが改善されるかもしれません。

 

疾患の影響

そして、疾患によって顔汗などの汗かきになる場合もあります。ここまで説明してきたものが当てはまらない場合は、特に疑ってみるべきかもしれません。例えば、慢性的な精神性発汗に陥ってしまうと、交感神経に常に異変が起きている事になり、顔などが異常に汗かきになってしまいます。

 

ちなみに、このような汗かきの事を局所多汗症、特に顔の場合は顔面多汗症と言います。

 

単なる汗かきの場合でも、生活がしにくくなるレベルであれば疾患と診断され、改善治療に際して保険が適応されるケースもあります。また、重大な疾患の症状として汗かきになる事もあるので、汗かき以外にも気掛かりな症状がある場合は病院に行きましょう。

 

⇒【汗かき対策お役立ち情報】一覧に戻る

 

顔汗が出る時のメイク術

ここでは、顔汗のケアをしながら上手にお化粧する手段を紹介していきます。

 

まずは生活習慣の改善から

顔の汗かきの要因の大半は、生活習慣の乱れにあると言われています。運動が足りなかったり睡眠が足りなかったりすると、発汗を制御する自律神経が乱れて、ベトベト感のある汗が多く出るようになります。また、汗かきになりやすい食事のメニューも多々あるので気を付けたいものです。

 

ですから、まずは生活習慣全般を改善して、顔の汗かきを改善して、お化粧のしやすいコンディションの皮膚をキープしましょう。

 

化粧崩れ防ぐには?

まず、お化粧をする前の段階から気を付けるべき事があります。お化粧をする時に既に汗をかいていると、汗の上からお化粧を行う事になるので、崩れやすくなってしまうのも無理からぬ事です。また、産毛が残存している場合も同様の理由でお化粧がしにくくなります。ですから、前もって産毛をケアしたり汗を拭いたりしておくと、化粧環境が改善する可能性が高いです。

 

ただ、夏場はどうしても汗が流れてくると思います。そのような際は、脇の辺りを圧迫したり首の後部を冷却したりすると、その場限りですが顔からの発汗が軽減されます。

 

保湿が重要

化粧崩れの主な要因は皮脂や顔汗ですが、乾燥している場合は、気温が高くなくても生じてきます。皮脂や汗には、皮膚の表面の潤いをキープする働きもあるので、除去し過ぎると、UVなどにより多大な刺激が加わる事になってしまいます。ですから、美容液や化粧水を用いて十分に肌を保湿するようにしましょう。

 

ただし、保湿の際にオイリーなクリームや乳液を使うと、化粧と混合して落ちたり、化粧がベタベタしやすくなったりするので、使い過ぎないようにしましょう。使うにしても、きちんと馴染んでから化粧を行うようにしましょう。

 

夏場用の化粧道具を薄めに用いる

まずは厚塗りせずに薄めに化粧下地を作る事が大切です。隠したい部分には、コンシーラーを用いるのが良いと思います。

 

化粧下地の際に色付きのものを用いれば、色ムラを改善する事ができますが、この場合も出来るだけ薄めにするようにしましょう。化粧が崩れてしまった際に、厚塗りだと崩れが分かりやすくなりますし、カバーも困難になってしまいます。そして、汗への抵抗力が高い夏場用のファンデがあるので、できるだけ夏場用のものを用いるようにしましょう。

 

化粧崩れが起きるか否かは前準備によってほぼ決まります。ですから、生活習慣から改善して、汗環境と皮膚のコンディションを改善していくようにしましょう。

 

⇒【汗かき対策お役立ち情報】一覧に戻る

 

顔汗の要因の1つ、自律神経の乱れとは

顔汗の要因が気温にあるのではなく、自律神経の崩れにあるというケースも多いです。しかし、その場合の汗かきの仕組みを理解して制御すれば、それなりに改善していく事ができます。

 

自律神経とは何か

人間が生命活動を維持するために「自立して」活動している神経達の事を「自律神経」と言います。例えば、呼吸、消化、拍動、そして発汗などは自律神経が実行しています。裏を返せば自律神経が崩れてしまうと、発汗の事などをはじめとして何らかの異変が起きる可能性があります。

 

「自律神経が崩れる」とは何か

さて、自律神経には大きく分けて2種類あります。「副交感神経」と「交感神経」です。

 

まず交感神経は、身体を活性化させるための神経です。体温や血圧をアップさせたり、興奮を促すホルモンを生成させるように呼びかけたりします。そして、交感神経の影響により汗をかきます。

 

そして副交感神経は、成長ホルモンを生成させたり、気持ちを落ち着かせたり、代謝や消化を促進したり、血圧を下げたりなど、基本的に身体を落ち着かせて修繕させるために働いています。

 

そして、この2種の自律神経が交代で優勢になって調和を保ちながら、生命活動を維持してくれているのです。つまり、2種の自律神経の調和が乱れる事を指して、一般的に「自律神経が崩れる」と表現しているという事ですね。最近、疲労やストレスが原因で、交感神経が優勢になっているタイミングが多く、副交感神経が優勢になっている時間が少ないという方が増加しているようです。

 

自律神経が崩れると?

自律神経が崩れた場合に生じ得る症状は数え切れないほど存在しますが、症状の1つとして「手汗や顔汗を中心とした汗かき」があります。

 

まず、顔がひどい汗かきになっている場合の多くは、この自律神経の崩れが要因となっている場合が大半です。おそらく、緊張したりストレスが溜まっていたりする場合に特にひどくなると思いますが、その時は、先ほど説明したとおり交感神経がかなり優勢になっているのだと言えます。

 

そして、気持ちを落ち着かせる副交感神経の動きが鈍くなっているので、なかなか発汗が落ち着かず、鼓動や呼吸も乱れてしまっているはずです。このようなタイプの汗かきの人は、意図的にリラックスして、自律神経の調和をキープするようにしましょう。

 

適度にストレスを発散する、何事も事前準備をしっかりして緊張を避ける、変に他人を意識し過ぎない、早い時間に寝て早い時間に起床する習慣を身に付ける、などの取り組みをして、副交感神経関連を改善し、汗かきも改善していくようにしましょう。

 

また、深呼吸にも副交感神経を優勢にしてリラックスさせる効果があります。息を吐く際に、副交感神経に刺激が及ぶからです。このように直接的に副交感神経を優勢にできる手段はあまりないので、気持ちが落ち着かない場合は深呼吸を行ってみると良いかもしれません。

 

⇒【汗かき対策お役立ち情報】一覧に戻る

 

汗かきを改善するには何科にいけばいい?

汗かきを改善するには医療機関に出向く。ここまでは想像できる方が多いでしょうが、具体的にどの科に行くべきかは、分からない人が大半なのではないでしょうか。

 

顔汗で病院に通う際について、基本的な知識を把握しておきましょう。

 

 

◆皮膚科における治療
皮膚科で実行されるのは、医療機器を用いた外科的治療や薬物治療です。汗を抑制するための薬品や、機器により刺激を加えることで、発汗を抑えてくれます。

 

大半の治療が保険の適用対象なので、比較的治療費が安い事も大きな魅力のうちの一つです。

 

反面、汗自体はストップしても、根本的な要因は明らかにならない場合がほとんどです。もし通い続けても発汗が収まらないのであれば、他の科で診てもらいましょう。

 

 

◆内科における治療
内科に診てもらう必要性があるのは、甲状腺に異常がある時や、それ以外の病気で発汗していると思われるケースです。より緻密に各方面の検査を行いながら、過剰な顔汗の起因を探り出します。

 

要因が明らかになれば、治療のためにそれ以外の科に移されるケースが多いですが、根本を特定する際には、一番お世話になる事が多いはずです。

 

 

◆婦人科における治療
婦人科に通うのは言うまでもなく女性ですが、婦人科で診てもらうのに相応しいのは、女性ならではのホルモンバランスの狂いが関係している場合です。

 

例としては、PMSや更年期障害、または出産や妊娠に関わる体質変化など、発汗以外でも怪しい症状が発現したならば、診てもらった方が良いはずです。

 

ホルモンバランスの安定化のための、ピルの処方やホルモン注射が可能であり、ホルモンに関係するトラブルであれば、迅速な解決が望めるほか、女性スタッフが大半なので話しやすい、という利点もあります。

 

 

◆精神科における治療
心療内科や精神科に診てもらうべきなのは、精神性発汗の可能性が高いケースです。精神性発汗とは、ストレスや緊張で自律神経が乱れ、その悪影響で汗が増えてしまうような類のものです。

 

ストレス制御や、脳内物質を操作するための医薬品を処方する事で、ストレスに順応し、飼いならせるようにして、発汗を抑えます。またPMSや更年期が影響の、イライラ・鬱などにも対処できます。

 

 

◆整形外科における治療
整形外科では、汗の要因を手術で直接取り除きます。これは、汗腺に刺激を与える交感神経を除去するものです。内視鏡が用いられるようになってから、事故率が大きく下がり、創傷も目立たなくなり、患者への負荷は大幅に減少しました。

 

効果があらわれる可能性が非常に高いですが、他の治療と比較すると、出費がかさみやすいのが欠点です。

 

 

◆美容整形外科における治療
美容整形外科では、通常ボトックス注射というものが実行されています。ボトックス注射を施せば、汗腺の働きがストップするため、大半の方の顔汗が抑制されますが、6か月ほどで戻ってしまうため、継続的に病院に通う必要がある、というデメリットがあります。

 

また、顔に施す場合のボトックス注射には、保険が適用されないので、続けていくためには、相当な資金が必要になってしまいます。

 

⇒【汗かき対策お役立ち情報】一覧に戻る

 

おすすめ関連人気サイト